銀行の即日融資で即日融資されないことってありますか?

銀行の即日融資を利用しようと思っています。実際に利用して即日融資と言いながら即日融資されないということはありますか?できればすぐに手元にお金が欲しいと思っているのですが、即日融資が確実でないなら即日融資を利用する意味もないのかなと思っています。即日融資される可能性って高いのかどうか教えてほしいです。

即日融資されないこと、もちろんあります!注意してください!

まずは時間的なことから説明しましょう。いくら即日融資といっても夕方に申し込んで夜に受け取れるということは稀です。いくら審査に時間がかからないと言ってもさすがに営業時間が終わってしまうようなタイミングでは即日融資を受けることは不可能です。いくら夜遅くまで窓口が営業している企業でも、審査は他社を利用しているようなことも少なくないのです。

即日融資を利用するのであれば、申し込みは前日の夜間のうちに済ましておきましょう。最近ではインターネットなどを利用して夜間に受け付けているところも少なくありません。夜間に申し込んで翌日夕方までに結果が出れば大丈夫。そのくらいの心構えで余裕を持って申し込むのが最善です。もちろん、朝早い時間でも大丈夫ですが、当日の貸し付けを望むのであれば時間的な制約があることは特に注意が必要なことでしょう。

例えば即日融資の受付が14時までのカードローンに申し込んだとしましょう。申し込みで入力したり、記入した内容に全く間違いがなければ例え申し込みが13時でも融資は可能かもしれません。しかし、そこで記入や入力のミスがあった場合には企業から連絡が来て修正を求められることになります。(即日で融資を希望している方向けの会社を紹介しています:キャッシングブラックはこちら)タイミングよく電話などの連絡に答えることができれば即日融資も可能ですが、タイミング悪く電話で会話ができないような状態であれば、ほぼ間違いなく時間的な制約にかかってしまうということになるのです。

そしてこの他にも他社での借り入れが多すぎたり、過去に支払いの遅延や延滞が発生しているような状況であれば、審査の結果貸し付けは行われない場合があります。できるだけ確実に借り入れを行うことを考えるのであれば、あらかじめ自分の信用情報は綺麗にしておく必要があるでしょう。このような場合には再び申し込んでも、他社に申し込んでも、即日融資を受けることができないことがあります。

特に消費者金融業者では個人に対する最高の貸付限度額というものが決まっています。他社を含めて年収の三分の一を超えるような借金をすでにしているようであれば、借りることはできません。この場合もいくら繰り返し申し込みをしても借りれることはないでしょう。ただし、この上限金額に問題がある場合にはひょっとすると銀行であれば貸し付けを受けることができる場合があります。

銀行即日融資を利用するメリット&デメリット

以前は即日融資といえば、消費者金融が中心に展開していましたが、最近では多くの銀行カードローンも即日融資を行っています。さて、この即日融資にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。もし、あなたが銀行の即日融資を利用することを考えておられるなら、まずそのことを前もってきちんと確かめておいてから申込むことをオススメいたします。

まずメリットから挙げてみましょう。即日融資のメリットはなんといっても素早い対応です。急にお金が必要なときに、2日も3日も審査に時間がかかっていては仕方がありません。その点、即日融資であれば、1時間以内で、場合によっては数十分で審査結果が出て、借入可能かどうかがわかります。

加えて銀行カードローンであれば、資金基盤もしっかりしています。銀行は社会的ブランドや信頼があるため、一定の自己資本比率も求められているので、消費者金融よりも借りるほうとしては安心ということができるでしょう。

さて、デメリットについても考慮しないわけにはいきません。便利なものにはかならず裏がある、これは世の中の常識です。まず即日融資はかならずといっていいほど金利が高い、という点があげられます。加えて、スピードが早い、ということはそれだけ慎重に考える時間が与えられない、ということですから、本来なら借りなくて良かったのに借りてしまったとか、借りすぎてしまった、というようなことが起きうるということです。

上記のメリット、デメリットをよく把握してから銀行カードローンを利用するようになさってください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ¥急に金が必要¥スピード融資の即日キャッシング教えます! All Rights Reserved.