キャッシングの限界に達してしまったとき

キャッシングベスト3

これ以上キャッシングできない状況でお金を借りる方法とは?

いろいろなところでお金を借りて年収の三分の一を超えてしまいました。これ以上キャッシングはできない状況なのはわかっていますが、更にお金が必要になり困っています。今の状況で更に追加でお金を借りる方法はありますでしょうか?望みが薄くても結構ですのでありましたら是非教えてください。借りれる可能性が高いほうが嬉しいですが、可能性が低くても構いません。

借りれる可能性が高いものから紹介していきましょう!

お困りですね?年収の三分の一を超えている状況で更にお金を借りたいというのはなかなか大変だと思います。しかし、借りれないということはありません。できるだけ可能性の高いものから順に紹介していきたいと思います。ご自身の状況によっては可能性が高いと思われるものが低かったり、逆に低いものが高かったりするかもしれないので、その点はご容赦ください。

まず、銀行のカードローンを検討しましょう。すでに銀行での借り入れがある場合も考えられますが、大幅に年収の三分の一を超えているというわけではなく、ほぼ年収の三分の一なのであれば銀行のカードローンであれば借りることができる可能性は高いです。確かに上限は年収の三分の一と定められてはいますが、これはあくまでも消費者金融業者や信販会社からの借り入れの場合です。銀行であれば少額なら借りることができる可能性はあります。

もし、あなたが今仕事をしていない状況で雇用保険に加入していたことがあるのであれば、ハローワークなどに相談してみる方法もあります。生活の状況や保証人などいくつかの条件はありますが、10万円程度であれば結構簡単に借りることができます。また、この貸し付けは非常に金利が低いことも魅力です。金利が低ければ返済も楽になります。状況によって支払いが少し先から始めることができるような場合もあります。

少し定番といえば定番、しかし意外と難しい方法としては友人や知人、親戚などにお金を借りる方法もあります。その人との今までの関係や今後の関係に影響を及ぼすこともありますので注意は必要ですが、方法の一つとして考えることのできる方法でしょう。周囲との関係によってはこの方法が一番確実で可能性が高いということもあるかもしれません。

どの方法でも可能性はあります。そしてこの中から複数の方法を検討していけばほぼ間違いなく借りることは可能でしょう。時間的に余裕があるのであれば、さらに公的資金の借り入れなど方法はより広がっていきます。ここで紹介したのはほんの一例ですが、お役に立てると嬉しいです。大変だとは思いますがマメに頑張っていると意外に簡単に借りれることがあるかもしれませんよ。

キャッシングできないときに思い出してほしい3つの可能性

急な入り用ですぐにお金が必要、「そうだ!」と思い立って金融会社に電話したはいいものの、審査の結果はNG、自分ではいったいなにが理由かがさっぱりわからない、気持ちが焦ってしまいますよね。しかし、なんらかの結果が生じるにはかならず原因があるのです。理由として考えられる可能性を以下に3つ挙げてみましょう。

まず第一に考えられるのはいわゆる「申し込みブラック」という現象です。これは短期間、通常は1ヶ月以内くらいと言われていますが、複数の貸金業者に集中して審査を申し込んだ結果、貸金業者から貸付を断られてしまうことをいいます。借りる側としては、1つだけでは心配なので、いくつかをまとめて申し込んでおこう、というのはわかる話なのですが、貸す側としてはそうは考えず、「この人の資金状態はかなりやばいんだな」と思われてしまう結果生じてしまう現象です。

次に可能性として挙げられるのは、あなたの勤務や居住に関する状況ゆえに断られる、ということです。これは挙げていくと切りがないのですが、よくあるのは勤続年数が数ヶ月で短すぎるとか、引越しが多すぎて生活が安定していないのでは、と疑われたりする結果です。

最後に上げておきたいのは、総量規制に関することです。貸金業法が改正されて、個人が借り入れることができるお金は年間の収入の3分の1までに制限されるようになりました。そして、これは当然1社からだけの借入ではなく、借入先すべての合計額です。ときどき、ほかからすでに借り入れていることをすっかり忘れてしまって、「なぜだ」と煮詰まってしまう方がいらっしゃいますが、そういうわけです。

上記の3つの可能性を検討し、改善できることは改善し、もしそれが無理なら、しかるべきときまで待つしかありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ¥急に金が必要¥スピード融資の即日キャッシング教えます! All Rights Reserved.