消費者金融のレイクからの借り入れは総量規制の対象ですか?

レイクからの借り入れは消費者金融からの借り入れでしょうか?総量規制の対象になりますか?ホームページを見ると「新生銀行グループ」と表示されていますが銀行からの借り入れになるのでしょうか?消費者金融からの借り入れと銀行からの借り入れは少し違うと聞きましたがレイクからの借り入れはどちらの借り入れになるのか教えてほしいです。

レイクの借り入れは消費者金融からの借り入れです!

ちょっとわかりにくいですよね?レイクは新生銀行グループですが消費者金融業者です。プロミスが三井住友銀行のグループだけど消費者金融業者なのとか、アコムが三菱東京UFJ銀行のグループだけど消費者金融業者なのと同じです。レイクからお金を借りればそれは消費者金融からの借り入れということになり、総量規制の対象になります。

ついでに、銀行からの借り入れと消費者金融からの借り入れは確かに違います。消費者金融業者や信販会社からの借り入れは総量規制の対象になります。クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象です。逆に同じクレジットカードでもショッピング枠は総量規制の対象にはなりませんし、カーローンや住宅ローン、ショッピングの分割クレジット払いなんかも総量規制の対象にはなりません。

銀行からの借り入れもこの総量規制の対象ではありません。銀行で借りたお金や、ショッピングクレジット、住宅ローンや車のローンの金額は年収の三分の一を超えていても法律的には更に借り入れを行うこともできるというわけです。特に上限はないので法律的にはどれだけでも借りることができるということになります。

とはいっても現実はどれだけでも制限なく借りれるということはありません。金額が大きくなれば「支払っていけるのか?」という疑問が出ることは当然でしょう。一つの目安として法律で年収の三分の一という設定がある以上、際限なく借りることができるわけではないことには注意が必要です。特に銀行の多くはカードローンの保証を消費者金融業者に依頼することがほとんどです。例えばレイクから借り入れができないからと新生銀行に借り入れを申し込んでも保証審査はレイクが行うので審査に通らないということは充分に考えられるのです。

年収が仮に300万円だとした場合、借りれる上限金額は100万円。少なくとも年間の利息は20万円近くになります。毎月2万円程度であれば確かに支払いはそれほど負担に感じることはないかもしれませんが、それでも借金は減りません。減らすことを考えれば大きな負担になることは間違いないでしょう。年収の三分の一を超えるような金額となるとなかなか返済は難しいのが現実なのです。

疑問に答えます!レイクっていまも消費者金融なの?

「パブロフの犬」、ってお聞きになったことがあるかと思います。条件反射を証明するために実験に使われた犬、ベルを鳴らすとヨダレを意識せずに垂らしてしまう悲しいワンちゃんの代名詞です。

さて、わたしたちもある言葉を聞くとパブロフの犬のように反応しています。「レイク」という言葉をきくと、「ほのぼのレイク」と思わず口走ってしまう方たちはわたし一人ではないはずです。宣伝効果の強力さを実感しますが、もうわたしたちの頭の中にいわば刷り込まれてしまっているのです。

しかし、このレイクはもはや「ほのぼのレイク」という消費者金融ではありません。レイクは新生銀行に子会社化され、いまは新生銀行の「レイク」というカードローンブランド、というべきなのです。こうした子会社化の理由は、貸金業法改正による金融業界再編といっていいでしょう。

新生銀行という銀行のバックグランドを得たレイクは無利息ローンという目玉商品で知られることになりました。初回の利用の方なら、30日間は無利息で借り入れをすることができます。また、借入額が5万円以内なら、180日間、無利息で借り入れることができるのです。

また、新生銀行の商品となったレイクはいわゆる「銀行カードローン」となりました。つまり、貸金業法が規制する総量規制の対象外ということです。もし、総量規制の対象であれば、個人は最高でも年収の3分の1までしか借りれませんが、銀行ローンであるゆえに、制限なく借りることができます。もっとも制限がない、といっても貸倒れの危険がない範囲内でしか、新生銀行も貸そうとはしませんが。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ¥急に金が必要¥スピード融資の即日キャッシング教えます! All Rights Reserved.